鍵職人に向いている人の3つの特徴

2017年07月25日 15時41分

鍵屋さんの仕事をする場合に、やる気があれば誰でもちゃんレンジできますが、やはり向き不向きがあります。
この記事では【鍵職人に向いている人の3つの特徴】について解説します。
 
1番目「手先が器用である人」です。
 
特別なツールを使って細かい仕事をするシーンが多いです。
不器用な人は対応できないでしょう。
細かい仕事が苦手だったり集中力がなかったりする人は向いていないでしょう。
 
2番目「コミュニケーションスキルがある人」です。
 
技術面が要求されますが、初対面での接客スキルも大事です。
上手にコミュニケーションが取れる人は向いていると思います。
無愛想な人は、どれだけ技術が良くても評判は悪くなります。
 
3番目「フットワークが軽い人」です。
 
鍵のトラブルは、いつどこで発生するかもわかりません。
忙しくなると休む時間もありません。
フットワークが軽く体力がある人じゃないとこなせないでしょう。
夏は炎天下の仕事ですし、冬は屋外の仕事になります。
 
いかがでしたでしょうか?
鍵職人に向いている人の3つの特徴についてまとめました。
あなたは該当しましたか?